年会費無料でポイントもザクザク貯まる!リクルートカードの魅力6選まとめ

年会費無料でポイントもザクザク貯まる!リクルートカードの魅力6選まとめ

リクルートカードは、誰もが知っている「リクルート社」が発行しているクレジットカードです。

リクルートカードの主な魅力

  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が高い
  • 申請が通りやすい

この記事では初めてのカードをお探しの方向けに、リクルートカードの魅力6点をまとめてみました。

リクルートカードは年会費が永年無料

初めての一枚におすすめ!リクルートカードの魅力まとめ

※出典:リクルートカード

リクルートカードは発行費・年会費ともに無料。

「次年度からは年会費は有料」

などの心配はなく、永年無料で使用できます。

リクルートカードの国際カードブランドは

・Visa

・MasterCard

・JCB

の3種類。

どれも「世界5大ブランド」と呼ばれるブランドのため、国内・海外でも問題なく使用できます。

唯一「JCB」は海外のシェアが低めなため、海外旅行に行く機会が多い方は

「VISA」か「MasterCard」を選ぶのがおすすめです。

オンラインで簡単に申し込みできる!

オンラインで簡単に申し込みできる!

クレジットカードを発行しようとして、

「必要な書類を揃えたり、送付したりするのが面倒……」

と感じている方は多いのではないでしょうか。

リクルートカードはオンラインで申し込みが可能なため、発行手続きが簡単!

必要な情報をオンラインで記入するだけで手続きができます。

オンラインの申し込みに必要な情報

  • リクルートID
  • パソコンまたは携帯電話のメールアドレス
  • ご本人様の住所、電話番号、生年月日などの情報
  • お勤め先の会社名、郵便番号、所在地、電話番号が分かるもの(名刺など)
  • 運転免許証(免許証をお持ちの方のみ)
  • カード代金の引落口座となる金融機関口座
  • オンラインバンクへのログイン情報 ※1

※1 オンライン口座登録(任意)を行う場合のみ

オンラインで申し込みをして、審査結果もオンラインでチェック。

面倒な郵送手続きは一切不要です。

ポイント還元率が高い!

ポイント還元率が高い!

リクルートカードのポイント還元率は1.2%です。

1万円の買い物をすれば、120円のポイントが貯まる計算に!

一般的なクレジットカードのポイント付与率は0.5%といわれているため、

他のクレジットカードよりもポイント還元率が高めです。

また、

・ポンパレモール

・じゃらん

・HOTPEPPERグルメ

・HOTPEPPER Beauty

などの提携サービスを利用すれば、

ポイント還元率は最大4.2%にアップ。

旅行が好きな人、美容やグルメをよく利用する人なら、使えば使うほどポイントが貯まります!

カード発行に合わせて、普段利用するサイトをじゃらんやHOTPEPPERグルメに変えてみてはいかがでしょうか。

休日に旅行に出かけたり、友達との飲み会に行くだけで、お得にポイントが貯まりますよ。

貯まったポイントはPontaポイントとして使える!

リクルートカードポイント交換

貯まったポイントは1ポイント1円で「Pontaポイント」に交換できます。

Pontaポイントは上記のサービスに加えて、

・ローソン

・KFC

・AOKI

また、Ponta会員になるとじゃらんやホットペッパーグルメなどのサイトで使える

「期間限定ポイント」が配布されることもあるため、リクルートカード発行と同時に

Ponta会員になっておけば損はありません。

携帯電話・公共料金などの支払いにも便利!

毎月必ず発生する、公共料金や携帯電話の支払い。

「この支払いでポイントが貯まったら……」と思ったことはありませんか?

リクルートカードは公共料金や携帯電話、新聞購読料などの支払いにも対応しております。

料金の支払いをリクルートカードに一本化して、毎月こつこつポイントを貯めましょう。

リクルートカードの審査基準について

リクルートカードのターゲットは「学生や新社会人などの若者」といわれています。

なぜなら、追加ポイントが貯まるサービスが「じゃらん」や「ホットペッパーグルメ」など、

若者向けのサイトが対象になっているからです。

また、リクルートカードの発行対象は
「18歳以上で安定した収入のある方 または18歳以上で学生の方
(高校生を除く・未成年は親権者の同意が必要)

となっております。

カード審査の基準は公表されていませんが、

「18歳以上から発行できるカードは審査が通りやすい」

と言われているため、非正規雇用で安定した収入がない人、主婦の人なども、

まずは申請してみてはいかがでしょうか。

カード審査が通りやすいかも!?

スマホ料金などの滞納にご注意!

リクルートカードを発行申請する前に、スマホなどの料金滞納がないかチェックしましょう。

スマホや公共料金などの支払いを滞納すると、信用情報に傷が付き、カードの審査に通りにくくなる可能性があります。

「支払いが少額だから」と、つい支払いを遅延しがちなスマホ料金や公共料金。

確実にカード発行申請に通るためにも、支払いはしっかり済ませておきましょう。

支払いがスムーズ!電子マネーに対応!

キャッシュレス化が進む現在、電子マネーの支払いに対応しているお店が急速に増えています。

電子マネーの支払いは読み取り機にさっとかざすだけで、クレジット払いよりもスムーズ!

出勤時など時間がないときに便利です。

リクルートカードはブランドによって、さまざまな電子マネーに対応しています。

VISA MasterCardが扱う電子マネー

  • nanaco(ナナコ)
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
JCBブランドが扱う電子マネー

  • nanaco(ナナコ)
  • モバイルSuica

電子マネーの選び方は、その電子マネーが

・どんな加盟店に参加しているか

・自分がどんなサービスを利用しているか

で選ぶといいでしょう。

セブンイレブンなどのコンビニをよく利用する人は「nanaco(ナナコ)」、

電車や新幹線を利用する人は「モバイルSuica」

という風に、自分の生活スタイルに合わせて電子マネーを選ぶのがおすすめです。

電子マネーのチャージで、ポイントアップ!

リクルートカードが対応している電子マネーをチャージすると、

チャージ金額100円に付き1.2ポイントが付与されます。

このポイントはカード支払額とは別に付与されるので、電子マネーは貯めても使ってもお得!

ちなみに、電子マネーでポイントがもらえるのは「合計3万円」までの入金額となります。

仮に電子マネーを限度額の3万円チャージした場合、貯まるポイントは

3万円×1.2%=360円。

リクルートカードは通常の支払いでも1.2%のポイントが付与されるため、

360円+360円で、720円貯まる計算に!

海外保険も安心!旅行障害保険を完備

海外旅行に出かける際に不安なのが、現地で病気やケガをしてしまったケース。

国内と違い、海外では高額な医療費がかかる場合があります。

リクルートカードには最高2,000万円の旅行傷害保険が付いているため、もしもの時も安心!

保険の種類は「利用付帯」となっており、これは旅行の交通費やツアー代金を支払うだけで適用されます。

また、リクルートカードは国内旅行でも同様の保険が付いております。

リクルートカード1枚あれば、わざわざ旅行保険に入る必要がありません。

ポイントが溜まりやすいリクルートカード。持っていて損はありません!

リクルートカードは年会費無料で、ポイントが溜まりやすい仕組みがたくさんあるため、

「初めてのクレジットカード」におすすめの1枚です。

「じゃらん」を通じて旅行をしてポイントを貯めたり、電子マネーをチャージしてポイントを貯めたりと、

賢く使うほどお得なカードです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です